FC2ブログ

02/11のツイートまとめ

m_kasai

ブルーザー・ブロディVSジャンボ鶴田 インター選手権鶴田奪回 88年4月仙台 https://t.co/8SAeDmZOqY
02-11 01:35

174-衆-総務委員会-19号 平成22年05月21日○塩川委員 日本共産党の塩川鉄也でございます。 五人の参考人の皆様には、それぞれのお立場から貴重な御意見を賜り、ありがとうございます。
02-11 12:28

電波監理審議会の権限強化の問題や、また、NHK会長が経営委員会の構成員となり議決権を持つ、この問題については同僚委員からそれぞれ質問もあり、皆さんのお立場を伺わせていただきました。これは、この法案の入り口のような話でありまして、実際の、本体の方で少しお聞かせいただきたいんですけれ
02-11 12:29

ども、お尋ねしたいのは、いわゆるハード、ソフト分離の問題のところでございます。 最初に、広瀬参考人にお尋ねをいたします。 このハード、ソフト分離の問題につきましては、放送局への監督権限を持つ総務大臣が、放送番組の編集を行う事業者を直接審査、認定することになるのは、
02-11 12:29

行政による放送の自由への介入の余地を生むのではないのか、こういう懸念の声が上がっているわけですけれども、これは、研究会の報告が出されたとき、二〇〇七年の段階で民放連としても意見を出されておられます。
02-11 12:29

そこにおきましては、これまでの「電波法に基づく放送局免許は施設免許であり、番組内容に対する行政の直接的な審査・関与を防ぐことで、放送の自由を制度的かつ厳格に保障してきた」、このように指摘をして、この「法体系をレイヤー型に転換することには」「番組内容に行政が直接的に介在することを
02-11 12:29

認めるものであり、反対である。」と述べておられたわけであります。 実際に法案が出されました。この法案を受けて、広瀬参考人のこの問題についてのお考えをお聞かせいただけないでしょうか。○広瀬参考人 放送法の一条と三条で、表現の自由、放送番組編集の自由ということが保障されておりま
02-11 12:30

す。これは放送法本法の一番基本的なところです。一方、電波法七十六条で、電波法というのはいわばハード面に対するいろいろな規制、安全措置というようなことが中心になるわけですけれども、その電波法の方で、いきなり放送事業の免許の停止、一時的停止だとか、期間を決めた停止だとか、そういうのが
02-11 12:30

できる。そこに三条の二違反も入ってくるような読み方になってしまった。そこに私たちは危惧を表明してきたわけでございます。 今回、その部分は大きな変化がないまま書かれておりますけれども、我々の解釈は、そういう規定はあるものの、これは、立法の際に、最後の最後になって電波法に挿入したも
02-11 12:30

のであって、これまで当局側から、放送法の三条の二関係に係るもので放送事業の免許停止をすることはあり得ない、法制上もなかなか難しいんだという説明を受けてまいりました。 今回、確かに大きな改正の時期だから、その点についても何らかの、もっとわかりやすい、だれが読んでも三条の二違反で
02-11 12:30

免許の停止はそう簡単にはできないわという、そこを求めたい気持ちはあったんですけれども、また大変な時間もかかるしということもあって、当面は、これまでの経緯を踏まえて認めてきたということでございます。    〔委員長退席、黄川田委員長代理着席〕
02-11 12:30

○塩川委員 今までの施設免許、電波法上の免許に当たりましても、実際には、番組準則に沿うような中身について、免許の段階でさまざまな資料の提出というのは現行も求められてきた。私は、それ自身が、それでいいのかという問題があると思っております。 それが、今回は放送事業者という形で、
02-11 12:32

直接、放送の編集を行う事業者に対しての認定ということになると、いわばむき出しの形で出ることになるんじゃないのか。ですから、民放連の皆さんにとってみれば、ハード、ソフト一致、免許も電波法の免許でいいという改正があればそれでよしということではなくて、認定を受ける新規の参入者、そういう
02-11 12:32

事業者にとって懸念があるという問題は残されているんじゃないかなと思うんですが、その点でのお考えはいかがでしょうか。○広瀬参考人 極めてありがたい御指摘でございますけれども、私たちの主たる関心事は、ハード、ソフトの一体といいますか、一体も認める、分離もよし、そういうところに大き
02-11 12:32

な結論が出たということで、この改正をウエルカムということになりました。 ハードの方とソフトの方の審査が別々になって、今度はソフトの分野が厳しくなるんじゃないかという点については、私たちはそういうことはないものと考えております。大臣の答弁でそこを聞いたという経緯はまだございません
02-11 12:33

けれども、それは、これまでどおりというふうに受けとめております。○塩川委員 わかりました。私自身は、その点での懸念を持っておるわけでございます。 続きまして、この点につきまして、日隅参考人と山本参考人にもお伺いしたいと思っているんですけれども、ハード、ソフト分離に置かれる中
02-11 12:33

で、放送局への監督権限を持つ総務大臣が、放送番組の編集を行う事業者を直接審査、認定するということになるのは、行政による放送の自由への介入の余地を生むのではないのかという懸念をやはりぬぐえないと私は思いますが、日隅参考人のお考えをお聞かせいただけないでしょうか。
02-11 12:33

○日隅参考人 その点については、まさに御指摘のとおりだというふうに考えます。 民放労連の方も、その点につきましてたしか意見を出していたかと思うんですけれども、番組の内容等に直接影響を与え得る制度になり得るのではないかというふうに思っております。 以上です。
02-11 12:34

○塩川委員 山本参考人に伺います。 冒頭の意見陳述で、百七十四条の話もございました。私は、ハード、ソフト分離の問題とも兼ね合わせて、放送番組の編集を行う事業者を直接審査、認定する立場にある総務大臣が業務停止命令をできる権限を持つということが、
02-11 12:34

放送の自由を侵害することにもつながるのではないのか。今回の認定制度の持つ問題点、あわせて、この業務停止命令との関係について、お考えのところをお聞かせいただけないでしょうか。
02-11 12:34

○山本参考人 お答えいたします。 百七十四条は、現在の電気通信役務利用放送法などと同じような形で書かれておりますけれども、このような放送の業務の停止などということに関しましては、やはり具体的に限定をして、どういう場合ならば業務停止になるのかということははっきりさせていただきたい
02-11 12:34

というふうに考えております。 以上でございます。
02-11 12:34

174-衆-総務委員会-19号 平成22年05月21日○山本参考人 私は、メディア評論家で、二つの大学でメディアに関する諸問題につきまして非常勤講師をしております山本博史と申します。 議題となっております案件のうち、放送法等の一部を改正する法律案について意見を述べさせていた
02-11 12:37

だきます。 関係業界の方は総務省からいろいろ御説明を受けられる機会もあろうと思いますけれども、私のような一国民は、閣議決定後、総務省のホームページに載せられました法律案をダウンロードしてプリントアウトし、条文の文字だけを見て考えるわけでございますし、私たちになじみ深い有線テレビ
02-11 12:38

ジョン放送とか有線ラジオ放送といった言葉もどうも見当たらないようなとても難しい法案でございますので、あるいはとんでもない誤解をしているのかもしれませんが、御容赦をいただきたいと存じます。 私は、放送を享受いたします国民の立場から、この法律案によりまして今後の日本の放送はどのよう
02-11 12:38

な方向に向かっていくのだろうか、ひょっとして放送に対する規制が強化されて、放送業界の方々が萎縮してしまい、大胆な問題提起を行ったり、鋭い疑問を投げかけるような情報・報道番組が減るなどということになって、放送番組の内容が乏しいものになりはしないか、そういうようなことが気にかかるもの
02-11 12:38

でございますから、そのような目線から考えまして心配になりましたことを三点、御説明させていただきたいと存じます。
02-11 12:38

心配の二点目は、新しい放送法の第百七十四条に書かれております、放送の業務の停止の条項でございます。 これは、無線局の免許の停止、運用制限が定められている電波法の第七十六条第一項のハード、ソフト一致の場合に対応して、ハード、ソフト分離の場合の総務大臣の権限を定められたものだと存
02-11 12:39

じます。 電波法の七十六条につきましては、今回の改正法案のもととなりました昨年八月の情報通信審議会の答申の取りまとめに大変尽力されました、憲法学御専攻の長谷部恭男東京大学教授が、「テレビの憲法理論」という御著書の中で、「番組編集準則に違反したことを理由に、電波法七六条による運用
02-11 12:39

停止や免許取消しは行いえないとするのが通説である。」と書かれておりますけれども、番組編集準則違反も放送法違反に含まれるというのが現在の総務省の御見解だと思います。 法案の条文には立法意思があると思いますし、番組編集準則違反について明文で業務停止の対象としている有線テレビジョン
02-11 12:39

放送法も含めて、放送関係の四つの法律を大ぐくり化したということでございますから、新しい放送法の百七十四条の放送法違反には番組編集準則違反も含まれているように見えます。この場合の放送法違反には番組編集準則違反は含まれていないというのが立法意思だということならば、一たんは安心いたしま
02-11 12:39

す。一たんは安心いたしますけれども、現在のような条文の書き方ですと心配が残ります。 放送法違反のように見えるけれどもやはり実は違う場合、真にやむを得ず緊急避難的に放送法違反になるような場合もあろうかと存じますが、将来におきまして、総務大臣が誤解から放送の業務の停止の命令を出され
02-11 12:40

てもとめようがございません。 放送の業務の停止というのは、国民への情報提供がとまるという重大なことですので、やはり一度第三者が受けとめて、慎重に事実関係などを踏まえてどのような措置が適切かの勧告を行い、それに基づいて沈着冷静に判断を下していただくのがよいというふうに存じます。
02-11 12:40

現在でも電気通信役務利用放送法などは電波監理審議会への諮問は不要となっていて、同じ扱いにしたのだということかとは思いますけれども、大ぐくり化に当たりましては、より慎重な仕組みでお願いしたいと思うわけでございます。
02-11 12:40

176-参-総務委員会-6号 平成22年11月26日○魚住裕一郎君 次に、新放送法百七十四条で放送法違反に関する業務の停止命令を規定してございます。この規定につきましても、今までハードとしての無線局の運用停止とは異なって、言論機関である放送事業そのものの業務停止命令を行えるも
02-11 12:46

のでございまして、大きな変更点であると思っております。もちろん委託放送事業にも同様の規定であるわけでございますが、ハード、ソフトの分離が例外的であるこれまでとは今後の法体系は大きく異なるんだろうというふうに思います。言論機関である放送事業そのものの業務停止命令を行えるとすることの
02-11 12:46

理由を伺いたいと思います。 新しい、新放送法四条になるんですか、番組準則、学説上ではこれは倫理規定といいますか、そういう意味に解されているわけでございますが、これらの番組規律違反の場合でも業務停止命令が行えるというふうに考えるか、伺いたいと思います。
02-11 12:46

○副大臣(平岡秀夫君) お答えいたします。 番組準則については、放送法第三条の二第一項で規定しているわけでありますけれども、この番組準則については、我々としては法規範性を有するものであるというふうに従来から考えているところであります。 したがいまして、放送事業者が番組準則に違
02-11 12:47

反した場合には、総務大臣は、業務停止命令、今回の新放送法の第百七十四条又は電波法第七十六条に基づく運用停止命令を行うことができるというふうに考えているところでありますけれども、これも従来から御答弁申し上げておりますように、業務停止命令につきましては、法律の規定に違反した放送が行わ
02-11 12:47

れたことが明らかであることに加えまして、その放送が公益を害し、放送法の目的にも反し、これを将来に向けて阻止することが必要であり、かつ同一の事業者が同様の事態を繰り返し、かつ事態発生の原因から再発防止のための措置が十分でなく、放送事業者の自主規制に期待するのでは法律を遵守した放送が
02-11 12:47

確保されないと認められるといったような極めて限定的な状況にのみ行うこととしているところであり、極めて慎重な配慮の下運用すべきものであるというふうに従来から取り扱ってきているものでありまして、これまでこの業務停止命令を放送法違反を理由として適用した実績は一度もないというような状況に
02-11 12:47

なっているところであります。○魚住裕一郎君 表現の自由は、本当に行政処分がなされるかもしれないというだけで萎縮するという、そういう本当に大事に考えなきゃいけないという案件だと思いますけれども、そういう状況の中でBPOとかつくって、本当、そこは丁寧にやってきたというふうに思うわ
02-11 12:47

けでございますが、行政が強権を発動して規律するべきではないというふうに考えておりまして、番組内容によって参入を規制すること、あるいは業務停止命令を行うことはあってはならないと考えますが、大臣の基本的認識をお伺いをして、質問を終わります。○国務大臣(片山善博君) 法律にそういう
02-11 12:47

大臣の権限があるわけでありますけれども、この種の表現の自由、基本的人権にかかわることでありますから、その発動といいますのはもう極めて限定的でなければいけない、厳格な要件の下でなければいけない、こちら側の態度としては至って謙抑的でなければいけないと考えております。かつての運用もそう
02-11 12:47

いうことで運用してきた結果、これまで発動したことはないということだと思います。
02-11 12:48

参-総務委員会-6号 平成22年11月26日の総務大臣、副大臣の答弁が「民主党政権時の見解と同一」という今回の答弁の内容なのかな
02-11 12:51

放送法改正前は第174条無かったのか?知らんけど
02-11 12:54

@miereport タカイッチが「ミンシュガー」って言ってたから気になった
02-11 12:55

高市総務大臣:それはあくまでも法律であり、第4条も、これも民主党政権時代から、国会答弁で単なる倫理規定ではなく、法規範性を持つものという位置づけで、しかも電波法も引きながら答弁をしてくださっております。どんなに放送事業者が極端なことをしても、仮にですね、それに対して改善をして
02-11 12:58

いただきたいという要請、あくまでも行政指導というのは要請になりますけれども、そういったことをしたとしても、全く改善されないと公共の電波を使って全く改善されない、繰り返されるという場合に、全くそれに対して何の対応もしないということを、ここでお約束するわけには参りません。ほぼ極端な、
02-11 12:59

そこまで電波の停止に至るような対応を放送局がされるとも考えておりませんけれども、法律というのはやはり法秩序というものをしっかり守ると、違反した場合には、罰則規定も用意されているということによって、実効性を担保すると考えておりますので、全く将来に渡ってそれがあり得ないということは断
02-11 12:59

言できません。
02-11 12:59

放送法話、結局民主党が自作自演していたというだけだったのでは
02-11 13:00

民主党の「え~~~~~~」という通販番組みたいな演出、毎回やってたっけ
02-11 13:03

不倫疑惑の育休議員←ラノベタイトルに採用して
02-11 13:07

ノルンノネットもうキスしたのか展開早いような
02-11 14:25

第4話第5話となかなか画面の出来が良かった
02-11 14:26

もうちょっと展開が煮詰まってからキス展開へ持って行って欲しかったような
02-11 14:26

駄菓子アニメ第5話
02-11 14:39

彩奈のCM、おかわりさんが出てるのかと勘違いする
02-11 14:40

丸みのある乳表現より直線的な乳表現のほうがエロが強い気がする
02-11 14:41

これなにを選んだらアタリなんだっけ
02-11 14:49

今週の駄菓子も安定してつまらなかったし良かったと思います
02-11 14:53

美少女やイケメンにアブリの能力を身につけさせたら台無しになる
02-11 14:59

北米版BDDVDを買いに走る為替レートになってきたぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
02-11 15:00

Dragonar Academy(星刻の竜騎士)
02-11 15:08

I Couldn't Become a Hero, So I Reluctantly Decided to Get a Job(勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。)
02-11 15:11

Whisper of the Heart(耳をすませば)
02-11 15:12

Love, Chunibyo & Other Delusions (中二病でも恋がしたい!)
02-11 15:13

Origin: Spirits of the Past(銀色の髪のアギト)
02-11 15:14

Wizard Barristers(ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル)
02-11 15:17

Monthly Girls Nozaki-Kun(月刊少女野崎くん)
02-11 15:18

The Severing Crime Edge(断裁分離のクライムエッジ)
02-11 15:19

Shining Hearts(シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜)
02-11 15:19

僕「幸せのパンがないとダメだろ」
02-11 15:20

C: Control - The Money and Soul of Possibility([C] THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL)
02-11 15:22

Good Luck Girl(貧乏神が!)
02-11 15:23

Kids on the Slope(坂道のアポロン)
02-11 15:24

Problem Children(問題児たちが異世界から来るそうですよ?)
02-11 15:26

Glasslip(グラスリップ)
02-11 15:27

グラスリップってなんやねん
02-11 15:27

My Teen Romantic Comedy: SNAFU(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)
02-11 15:28

Place to Place(あっちこっち)
02-11 15:34

Engaged to the Unidentified(未確認で進行形)
02-11 15:36

Blue Spring Ride(アオハライド)
02-11 15:37

My Mental Choices Are Completely Interfering With My School Romantic Comedy(俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している)
02-11 15:39

@hirob0911 下り坂だったのでは
02-11 16:00

@hirob0911 @chihojinnn TOHOってやっぱ糞だわ
02-11 16:00

3D映画、最初は頑張って特性活かそうとするけど、すぐにもうどうでもええわみたいな出来になる印象
02-11 16:01

@hirob0911 知ってた
02-11 16:02

清原さん記事、各週刊誌が今まで書き溜めたストックを吐き出しまくってるな
02-11 16:03

@chihojinnn @hirob0911 ほとんどTOHOシネマズで見てるから感謝しかない
02-11 16:05

@hirob0911 イオンシネマはいいぞ
02-11 16:08

イオンシネマでやってる作品、もうちょっとシネコン軍団から外してくれるといいんだが
02-11 16:10

人気ドーナツ店、広島から全店撤退へ(広島ニュース 食べタインジャー) - goo ニュース https://t.co/3UoF7h96c0
02-11 20:57

noitaminA切っても切ってもEGOISTが出てくるしどれも同じアニメなのでは
02-11 22:03

タブレット持つようになって荷物が軽くなった(何持っていたんだ)
02-11 23:36

またアニメを見ないで終わってしまった
02-11 23:37

赤髪の白髪姫第17話とかその辺
02-11 23:39

どこの作品か分からん出来だ
02-11 23:40

銀色のファムならオビ死んでる
02-11 23:41

-銀翼のファム-だぞ
02-11 23:41

ゲイ迅さんに切腹できる能力があるとは知らなかった(知らなかった)
02-11 23:49

赤髪の白髪姫第2期、割とおもろない
02-11 23:54

ドル落語心中は今日の深夜だぞ
02-11 23:56

赤髪の白髪姫、Bパートはもっと飛ばしてるな
02-11 23:58

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kasai

Author:m.kasai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード